国会において「花きの振興に関する法律案」が審議され、6月20日に参議院で満場一致で可決成立し公布された。
戦時中、末期になると花は栽培してはならないという時代があり、また、いまでもすぐに不要不急の贅沢品として景気の浮き沈みに術要が人きく橘り動かされる花の位置づけが変わろうとしている。
この法律では、花の仕事が農業分野で主要な地位を占めていること、また日本の伝統や文化についても花や園芸が国民の暮らしに深く浸透し心豊かな生活に欠かせない役割を担っていると定義づけしている。
これらのことを背景にして花き産業と花きの文化抜興について国が責任を持って推し進めることを約束する内容なっている。具体的には農水大臣による基本方針を策定し、それに基づいて予算をつけていくことになる。
この法律案は花産業に関わる多くの先違たちにより議貝立法として策定されたのだそうだ。21条におよぶ条文では産業と花文化の振興、輸出や街づくりへの寄与まで全方位的に発展するよう心配りされた内容になっている。
何をするにも一番大切なのが基本。この垠本力があってこそ、それを応用してオリジナリティを出したり、個性的な形をしたスタンド花を優しく制作することができるようになる。制作のポイントをしっかり押さえたい。
今やさまざまな柱類があるスタンド花だけれども、まずしっかりと押さえておきたいのがスタンダードなスタンド花の作り方。もっともシンプルが故にもっとも花の美しさが際立つ、腕の差が見える形でもある。
スタンド花の花材の間から後ろの背景が見えてしまうと、ボリュームがなく貧相に見えてしまうはじめに面のある葉物などでしっかりとカバーをするように制作するとよい。ニューサイランは面もあり葉も強いのでおすすめ。アレカヤシなど透けるグリーンを便用する際は重ねたり、ドラセナ等ほかのグリーンと組み合わせ背景が透けないように意識する
過日、カントリーテイストで大いに流行ったドライフラワー。その波は徐々に静かになり、しばらく落ち着きを保っていたが、ここ最近新しいドライフラワーのカタチを提案するオシヤレなフラワーショップが増えてきた。街頭でもインテリアショップや雑貨店、カフェなどさまざまな場所でさりげなくあしらわれるドライの姿が日につくようになってきた。いま、まさにドライフラワーは新しい夜明けを迎えている。